2008年12月23日

(CD)Chapter 6 / With the Windows Down

年末とかいい加減整理しないといけないですよねぇ。
(ネタはあるはずなのですが・・・)

chapt6windowsdown200.jpg
男声7人組シカゴのアカペラグループ
Chapter6の2008年12月の最新作。

ゲストアーティストを2名加えた意欲作。

ビートルズ、エリッククラプトンのおなじみの楽曲や
セサミストリートの曲「Pinball Number Count」など
アレンジャーのMark Grizzardによって色彩豊かにアレンジされている。

アルバム「Swing Shift」では「オズの魔法使い」を
ミュージカル風にアレンジした独創性に目が行ったが、
当アルバムは音の組み立て方に厚みを置いている印象で、
コンテンポラリーアカペラとしては若干落ち着いた感がある。

各曲のボーカルが立っているのも改善点(ゲストアーティストは別として)で、
もう少し聞き込んでこのレビューも加筆したい。
posted by 鯑 at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。