2008年06月17日

アカペラCDレビュー「Here to Stay: Gershwin and Jobim / BR6」

Here to Stay: Gershwin and Jobim
Here to Stay: Gershwin and JobimBR6

NuVisionMusic & Film 2007-07-10
売り上げランキング : 65227


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブラジルの人気混成アカペラグループ「BR6」2007年発売のアルバム。

Gershwin & Jobimと副題が付いているから、
クラシックとボサノヴァの融合という意味合いを込めているのだろう。
(George Gershwinは「Rhapsody in Blue」の作曲者。のだめカンタービレでその名を知る方も多いはず)

さて、当アルバムの感想を挙げるならば率直に完成度が高い作品だ。
また、意図的なものだろうが、なんとなくコーラスが浮遊感を感じさせるような音色をしている。

M1.Waters Of March/ Rhapsody In Blueは
先に出したGershwinとJobim両名の楽曲をMIXしたものだ。

M7.Fascinating Rhythmは実に前衛的なアレンジだ。
変拍子を感じさせるのスウィングが主軸の展開となるが、
リード、コーラス、ベースがそれぞれ違ったリズムを組み立てているのが実に面白い。
且つテンションコードの応酬。バラつくようでバラつかない。
このバランスが逸品だ。

ボサノヴァ風の楽曲も多く魅力的なのだが、
中でもM11.Love Is Here To Stayは
海のような爽やかさを備えているイメージを与えるから不思議だ。
彼らの潜在的なインスピレーションがそう感じさせるのだろう。

和音も凝っている部分が多く、
聞き流すだけではもったいないアルバムだ。
幸いBR6の作品の中でも手に入りやすい一枚。
是非とも一聴いただきたい。

オススメ度:★★★★★★★★★☆(9/10)
※M7.Fascinating Rhythmが好みなんですよね…通しで聞くと…。



posted by 鯑 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー

フレンチジャズ Fredrika Stahl が気になる

フレンチジャズシンガーFredrika Stahlが気になります。

FREDRIKA%20STAHL.jpg

聞いているのは2ndアルバムの「Tributaries」。
全曲作詞作曲ってのがすごいですね。

M1.Monumental Mismatchがビッグバンド入りで
ひじょーに華やかだったので、なんとなしに聞いているのですが、
曲調がトラックごとにコロコロ変わって
フレンチジャズの一言でくくれない感じで楽しいです。

http://fredrika-stahl.web.waycom.net/

当blogの右にたまーにアカペラ以外のアルバムも掲載しています。
コロっと変わっていたらそれは個人的にオススメということでよろしくお願いいたします。
※Tributariesは聞いている途中なので保留ですよ
posted by 鯑 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。